「ほっ」と。キャンペーン

夜景再考

d0108563_0144314.jpg昨日の続き・・・。

夜景を撮るのは難しいもんである。
自分の目で見た光景がそのまま写れば良いのだが、
カメラは適正な画像を撮影しようと露出を補正するから、明るくなり過ぎる。


d0108563_015418.jpg明るく撮ろうとすると、シャッタースピードが遅くなるから、手ブレが起きる。
手ブレを抑えるには、
①固定をしっかりする。
②シャッタースピードを速くする。
の二通りがある。(手ブレ補正は別として・・・。)


d0108563_015415.jpg夜景はピントがブレがちである。シャッタースピードを少しでも早くしようとすると、
絞りを目一杯開けて撮るから、被写界深度は浅くなる。でピントがブレやすくなる。
ということは、ピントを絞りつつ、スローシャッターを切れば良い訳だが、手ブレが起きる。


d0108563_016542.jpg手ブレ補正が付いているとはいえ、手ブレが起きないのはコンマ何秒かまでだろう。
銀板カメラの感覚だと、立ったままで1/60、肘を何かに固定して1/15までが限界。
柵の上に固定して、セルフタイマーでシャッター切れば、露出8秒でもこの通り。


d0108563_016325.jpg本格的に撮るには、やっぱり三脚が必要なように思う。
露出1秒だと、目の感覚に近くなる。わざわざ8秒間我慢する必要もないように思う。
撮影感度を上げると、シャッタースピードが速くなるから、手ブレ回避に有効である。
とはいえ、画質が悪くなるから、あまり好きでない。
実物はもっと綺麗のだが、どうもイマイチである・・・。


ベタではあるが、観覧車の色が変わったところでおしまい。
d0108563_017061.jpg

d0108563_017131.jpg


d0108563_0172741.jpg
[PR]
by acetoaldehyde | 2007-06-05 23:56


<< ばんッばんッ こんなんでどう? >>